軽いダンベルで筋トレはできる?

軽いダンベルで筋トレはできる?

軽いダンベルで筋トレ効果は期待できるの?


ここ数年ダンベルを使用して筋トレを行いダイエットにも役立てる方法を行っている人が増えてきています。

トレーニングジムなどで鍛えているという人も多いのですが、なかなか通う時間がなかったり、お金がかかるからということで躊躇してしまう場合もあるでしょう。

しかし自宅でダンベルを使用して筋トレを行うこともできます。

実際にトレーニングムなどで筋トレを行うのと同じようにというわけにはいかないにしても十分に鍛えることができます。

ただしダンベルで筋トレを行う場合には、重量とどういったトレーニングを行うのかが重要なポイントとなってきます。

鍛えたい筋肉によって行うトレーニングが必要となりますが、そのトレーニングに合った重さのダンベルを選択する必要があります。

つまりダンベルで筋トレを行うことは十分に可能となってきますが、行い方が重要となるということになります。

ダンベルで筋トレを行うには?

 

ダンベルで筋トレを行うといってもその方法は一つだけではありません。

鍛えたい筋肉によってもトレーニングの方法は違ってきますし、使用するのに最適となるダンベルの重さにも違いがありますからそのあたりはきちんとしたものを選択することが必要となります。

またダンベルを使用してトレーニングを行う際の目的も重要なものとなってきます。

筋トレを行いたいこともあればダイエットを目的としていることもありますから目的によっても使用したいダンベルの重さも違ってきます。

まず、筋トレを目的としている場合には、やはりダンベルもある程度重さが必要となります、どのくらいの重さがよいということは決まっているわけではなくそれぞれの状態に合わせた重さが必要です。

筋トレを目的とする場合には、回数を多く行えばよいということはありませんから目安としては10回程度を行うのが精いっぱいといった程度の重さのダンベルがよいでしょう。

何回もできてしまうようなダンベルでは軽すぎると考えるようにしましょう。

10回程度でもしっかりとっ負荷をかけることができれば筋肉を鍛えることができますが、逆に何回もできてしまうような場合には筋トレには不向きとも考えららます。

軽いダンベルでダイエットする!

ダンベルにはいろいろな重さがあり、あまり重いものを使用するのは大変だから嫌だという人も少なくないでしょう。

軽いダンベルでもダイエットは、使い方次第で行うことができますから安心です。

でも勘違いしてはいけないのが、軽いといってもあまり軽いものでは意味がないということです。

軽いというとどの程度の重さのものをイメージするでしょうか、持っていても違和感を感じない程軽いものをイメージする人も少なくないのではないでしょうか。

ダイエットで軽いダンベルを使用して筋トレを行う場合でもやはりある程度の重さは必要となってきます。

ダイエットのためなら時間を考える!

 

軽いダンベルを使用して筋トレダイエットを行うのであれば、筋肉をアップを狙うのとはまた違った方法が必要となります。

筋肉をアップさせるための方法として重いダンベルを使用して回数も10回程度で筋肉にしっかり負荷をかけることになりますから無酸素運動を行うことができ筋トレとしての効果が期待できます。

軽いダンベルを使用する場合には、無酸素運動というよりも有酸素運動になってしまいますから、軽い負荷をかけてのジョギングなどをイメージした方がよいものとなります。

つまり時間を使ってカロリーを消費して上げることでダイエットにつながるということになってきます。

筋肉を鍛えてあげることで基礎代謝が上がりますからダンベルを使用する場合には軽いということにこだわるのでなく筋トレできる方法をとる方が効率よいと考えることができます。

軽いダンベルで筋トレしよう!

 

筋トレを行う際には基本的にはそれぞれに合った重さのダンベルを使用するのが理想となってきます。

10回程度行って限界と感じるような重さのダンベルを使用することで筋トレ効果が高まり筋肉を増やすことができます。

しかし必ずしも重量のあるダンベルを使用するのではなく軽いダンベルを使用しても回数を増やすことで筋トレすることができます。

もちろん重いものを使用した方が効果的ではありますが、場合によっては軽いダンベルを使用することが適切となることもあります。

軽いダンベルが適切となるのは?

 

軽いダンベルを使用して筋トレを行った方がよいのはどのような人となるでしょう。例えば年齢的なこともあります。

ある程度年齢を重ねた人の場合には思いダンベルを使用することで怪我などの原因となってしまうこともありますから、こういった場合には軽いダンベルを使用した方がよいということになります。

また、もともと何らかの障害などがあるような場合には、無理することなく行うことができる方法として軽いダンベルを使用するということも考えられます。さらには筋トレ初心者という場合にもおすすめとなります。

初めから無理をしてしまうと続かないということが多くなりますから、最初は軽いダンベルを使用し徐々に重いものにしていくということも方法となります。

これは怪我をしないということも含めてよい方法となってきます。筋肉は使用しなければ衰えてしまいますから筋トレも継続して行うということが必要となります。

こういった点を考えてもある程度の年齢となっているような場合には最初から重いものを使用するのではなく軽いダンベルで筋トレを続けることを考えるとよいでしょう。

 

効果的な方法
カテゴリ
最新の投稿